×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネイル屋さんになりたい!

ネイル屋とはネイルアートを専門に施すプロのことで、ネイリストともいいますね。ネイルアートは手や足の爪を化粧したり、飾ったりする技術のことです。ネイルアートは女性の間で盛んに行われており、色々な市販のネイルアート用品でネイル屋さんがしたような爪の装飾をする人もいますね。ネイルアートが普及するにつて、ネイリスト・ネイル屋になりたいという人が増えています。ネイル屋は低コストかつ小スペースで開業できるので、希望者が多くなっているのですね。
ネイル屋は爪の化粧・装飾や爪の健康手入れをする、プロとしてのいわば時代の花形職業として注目されています。ネイル屋になるには専門機関が認定したネイリスト技能試験に合格すれば、ネイル屋としての美容技術を認められたことになるので、お客様に対して信用がつきます。ネイルアートは結婚式場やエステティックサロン、ネイルサロンで希望者が多く、プロとして爪の化粧・装飾をしてくれるネイル屋は引っ張りだこのようです。
学生時代からプロのネイル屋を目指す人が多くなり、ネイル屋を養成する専門課程を持つスクールが人気化するかも知れません。やりがいのあるネイル屋ですが、独立開業には競争激化も予想されます。

簡単ネイルアートデザイン

自分でデザイン集を参考にしてネイルアートする簡単ネイルデザインもありますが、プロのネイリストが施したネイルアートデザインは落ちにくく長持ちがしますね。これは不思議なくらいです。たまにネイルアートサロンなどでしてもらうときに、ネイル屋さんの技術をよくみておいて、自分で簡単にネイルアートができるといいですね。
ネイルアートデザインは人によって好みがあるので、プロに作業して貰ったネイルアートデザインがが必ずしも気に入るというものでないので、前もって、出来上がりのデザインの希望を伝えておくといいですね。ネイルサロンではネイル屋さんがネイルチップやスカルプチュアなどの技術を施してくれるので、よく見ておいて、自分でもネイルアート技術を習得できるといいですね。
ネイルチップとは付け爪を付ける板のことです。ネイルチップの材質はプラスチックの他、ガラス、金属、木などでできたものもあり、好みで選べます。スカルプチュアは空気に接触することで固まる素材のものを直接爪に塗り上げて爪を作ります。いわば爪の延長ですね。スカルプチュアはネイルアートを楽しむほかに、一時的に爪が変色・変形したりしたとき、爪を保護するために使われることもあります。

ネイルアートのやり方・道具など

ネイルアートをするときの道具には、ベースコート、マニキュア、トップコート、エナメルリムーバー、ファイル、ファブリック、エメリー、ストーン、ビーズ、シール、ステンシル、アートスティック、ネイルピアスなどがありますが、自分流のネイルアートを楽しむためにも上記の道具は是非揃えておきたいですね。ネイルアートを自分でするときは道具さえそろっておれば簡単に自分流デザインを装飾できます。
ネイルアートデザインを自分で装飾するときのためにネールアートのやり方を覚えておきましょう。ネイルアートやり方の手順・・◆ネイルアートをしやすくするため、爪の表面をなめらかにして、エメリーボードなどで爪の形を整えます。付け爪をする場合には、付け爪の形を加減して、爪の装飾がしやすいようにします。◆爪にベースコートを塗ってよく乾燥させてからマニキュアを塗りますが、ネイルアートを施した爪の発色をよくするために単色のときでも重ね塗りをすることがコツです。◆ストーンなどの装飾品をマニキュアが乾燥する前に貼り付け、全体的にトップコートを塗り上げます。ネイルアートデザインは自分の好みででき、センスを発揮できるので、オリジナルデザインに挑戦してみたいですね。

Copyright © 2014 ネイル屋さんの爪のファッション プライバシーポリシー